意外とカンタン!土鍋でごはん

スポンサーリンク

土鍋の手入れ

詳しく教えてくれるサイトが沢山ありますので割愛しますが、私なりの方法を。

全てお米を食べ終えたら、土鍋の中に水を貯めます。(土鍋が熱い時はやめたほうがいいです)

少し置いておくと、こびりついていたお米がキレイに取れますので、それから亀の子たわしで洗ってます。

洗剤は使ってません。

中も外も亀の子たわしで洗い、食器拭きで拭いたらガスコンロの上に置いて乾かします。

以上(笑)

コレ以上の手入れはしたことがありません。ヒビが入ったりしたら何かしらするとは思いますが、今のところそんな様子もないのでそのままです。

土鍋炊きの応用編

蒸し卵

うちの土鍋には内蓋がついています。外蓋との間に卵が入るか入らないかくらいの空間がありますので、それを利用して蒸し卵を作ることがあります。

炊いた後、いつもより少しだけ長く放置したら出来上がります。

蒸し卵はゆでたまごと違って白身がぷるんと美味しくなりますよ。

鍋なら何でもご飯を炊けます

土鍋で自身がついたので(笑)、ホーロー鍋やステンレス鍋でご飯を炊いたことがあります。

問題なくきれ~いに炊けました。

鍋のそこの形などで微妙に水の量が変わります。そこを考慮しつつなんとなく水加減をするとうまくいきました。

でもやっぱりいちばん美味しいのは土鍋みたいです。

わざと作るおこげ

ほんの数分、弱火の時間を長くするとおこげが出来ます。

本当の焦げは苦いし身体にも良くないようなので、お米が少しかたくなった程度のおこげを楽しんでます。

もちろん偶然できることもしばしばですが(笑)

お茶漬けの時なんかは特に美味しいです。

いかがでしょう?

意外と手軽な土鍋炊飯。少しでも魅力が伝わると嬉しいなと思ってます。こんなに楽しいのに「メンドクサイ」「大変そう」と言われることばかりなので、勿体無く感じています。

時間も炊き始めから出来上がりまで30分弱だと思います。

おうちに土鍋がなければ、普通の鍋で是非試してみてください。

炊飯ジャーは無くてもやって行けますよ。

スポンサーリンク
フォローお願いします♪
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です