形から入るとモノが増える

家中の物を捨てるようになって、買い物の仕方も変わりました。

捨てた後は確かにすっきりするものですが、捨てるのか持ち続けるのか、またその保管場所について頭を悩ませるのはちょっと疲れます。

この回数を出来る限り減らしたい、そんな思いもあって買い物をするときはかなり慎重になりました。

私が買い物をするときは、いくつかのポイントを基に買うか買わないかを決めてます。

スポンサーリンク

買い物の決め手となるポイント

絶対にコレでなくてはダメなのか

単純にモノが増えるのは困る。あるもので代用できるんじゃない?そんな考えから、この機能はこの商品じゃないとダメなのかどうかという点を考えます。

洋服も持っているものと合わせて、何パターン着こなせるか、使える度合いを感覚ではかります。

苦労してせっかく作った部屋のスペースを使うことができるのか、そういう感じです(笑)

心がときめくほど好きなのか

人によると思いますが、私の買い物はときめき度合いで決めて買ったほうが、成功することは多いです。

何となく「これは持っておいたほうが良さそう」なんて考えで買うと失敗することが多いですね。

何となく」このキーワードはかなりクセモノです。

何となく便利そうだから

何となく使えそうだから

何となく流行ってそうだから



もちろん心がときめくには、普段からほしいと思って探しているという経過があるわけですが。

買い物ってそういうものじゃないかと、37歳にして体感しているところです。

最近新たに気づいたこと

よくよく考えてみると、今まで形から入る自分がいた事に気づきました。

植物を買うならおしゃれな植木鉢も一緒に買う。
一緒に飾る植物ももう一つ買う・・・といった具合です。

何も今買わなくたっていいんですよね。本当に欲しいものだけを買って、その後やっぱり必要であればまた買えばいいんです。でも、プロセスを一つ飛ばして買い物をしていました。

何でも一気にしなければ気がすまない性格。それがモノを増やす原因だったのかなと。

買い物ももっと細かいプロセスを楽しみながら。

丁寧に楽しまないともったいないですよね。

スポンサーリンク
フォローお願いします♪
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です