特定空き家って、いったいなんのこと?

ちょっと気になるワード「特定空き家

持ち家はないのですが、実家があるのでちょっと他人ごとではないかも。

せっかくの機会なので、簡単にまとめてみました。

スポンサーリンク

空き家、および特定空き家の定義とは

空家等とは

建築物又はこれに附属する工作物であって居住その他の使用がなされていないことが常態であるもの及びその敷地(立木その他の土地に定着 する物を含む。)をいう。ただし、国又は地方公共団 体が所有し、又は管理するものを除く。(2 条 1 項)

特定空家等とは

  1. 倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態
  2. 著しく衛生上有害となるおそれのある状態
  3. 適切な管理が行われないことにより著しく景観を損なっている状態
  4. その他周辺の生活環境の保全を図るために 放置することが
    不適切である状態 にある空家等をいう。(2 条 2 項)

国土交通省HP「空家等対策の推進に関する特別措置法(概要)より>

今にも倒壊してしまいそう、屋根ふき材やバルコニーなどが腐食している、窓ガラスがたくさん割れたまま、ごみが放置されている・・・など、地域住民が不安を覚えそうな状態が判断の基準となりそうです。

なぜ、この特定空き家というキーワードが出てきたかというと、「空き家対策推進特別措置法」が今年5月26日より全面施行されたからなんです。

空家等対策の推進に関する特別措置法とは

倒壊の恐れがあるなどの理由から、その家を各市町村長が「特定空き家」と判断した場合、固定資産税の課税台帳をもとに所有者を特定し、勧告をします。

それでも放置される状態がつづく場合、その空き家の解体や除去を行政側ができるようになります。

しかも、土地の固定資産税の減免特例措置を除外されるなど、空き家の所有者に対しても厳しい対応となるようです。

ちなみに平成25年の時点で全国の空き家は820万戸。

確かに近所にもいくつか空き家はありますね。。。

しかももう何年も人が入った様子がありません。

誰も住むことができない、売ることもできないといった場合にも家の手入れだけはきちんとしておかなければいけないということなんでしょうね。

マイホームを持つって簡単ではないですね。

我が家も以前はマイホームに対してあこがれがありましたが、最近ではちょっと考えさせられることがしばしばあります。

あとから売却するにも売れなければいけませんので、そこの見極めも重要ですね。

スポンサーリンク
フォローお願いします♪
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です