もやもやする東京オリンピック

スポンサーリンク

周囲の反応

似ているという意見が大半のようですが、しょうがないんじゃないかという意見のほうが多そうです。

名称を視覚化したロゴマークですから、どこかで似てしまうのはしょうがないのかもしれません。

ただ、これが判明してしまった以上、使うのはやめたほうがいいんじゃないかとも思います。

しかしながら、テレビでみる情報番組の話の流れとしては、このままどうにか使えないか、別にいいんじゃないかという流れ。

でも著作権的にどうなんでしょうね。ひっからないんですかね?

著作権で訴えるには真似たという証拠が必要らしい

こんなことが話題になってましたが、Théâtre de Liègeのロゴマークは2年前に発表されたもの。

そうなると、これが十分な証拠だと思うんですが、違うのでしょうか?

インターネット上でもしばしば見られる著作権問題。

真似たという証拠が発表年月と関係なく必要なら、ネット上の著作権問題はどうなるんでしょう?

なんだかもやもやします。

東京オリンピックはそんなに偉いのか

今朝見たテレビで長嶋一茂さんは、

「ロゴマークなんて誰にでも描けそう」

「ベルギーの劇場も東京オリンピックのデザインと重なって良かったじゃないか」

と、何だか各方面に失礼なコメント。

ロゴマークの苦労なんてもちろんデザインには見えるわけないのでわからないのはしょうがないんですが、なんであんなこと言っちゃうかな。

そして後から出たのに東京オリンピック主体のものの見方。ものすごく違和感を感じます。

もし、自分が先に書いたものとそっくりなものが、他の人の名前で世界中で有名になったら。

何とも言えない気持ちの悪さを感じます。

世の中には似てもしょうがないものは確かにあります。

ハンガーとか、机とか、案内板とか、水筒とか。機能を優先すれば自ずと形状は似てくるといったパターンですね。

ただロゴマークは、それらに比べるとデザインにもう少し自由度があると思うのです。

そう思うと、ベルギーのデザイナーさんが使用しないでほしいと言うのはわかる気がします。

せめてもう少しでも構成が違っていたら良かったのに。残念ながらフォントまで同じ。

長くなりましたが、まとめ。

盗作の意図はない気がします。でも意図はなくとも、今回のロゴマークはアウトかなと個人的には思います。

スポンサーリンク
フォローお願いします♪
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です