山笠があるけん博多たい!

とうとう、博多っ子待望の博多祇園山笠追い山まであと数分となりました。

追い山が始まるのは、毎年4:59です。なんて中途半端なんでしょ?

以前から気になっていた、この理由について調べてみました。

スポンサーリンク

なぜ4:59開始なのか?

一番山笠のための時間

この午前4:59から5:00までの時間は、一番山笠だけがうたうことの出来る「博多祝い唄」のための時間。

追い山開始前に唄うため、1分前に設定されています。

ちなみに今年の一番山笠は大黒流。

午前4:59

一番太鼓を合図に一番山笠がお櫛田さんに入ります。

その後、清道旗を回り、能舞台の方に向いたところで山笠を止めて「博多祝い唄」を唄います。

唄ったあとは山笠が境内の中を通り、追い山のコースを舁き始めます。

一番山笠とは?

持ち回り制で回ってくる一番山笠。

現在の流は7つありますので、7年に一度回ってきます。

普段は車や人で賑やかな街が神々しい雰囲気に包まれる博多祇園山笠。

実は山笠はこの日だけではありません。毎年7/1~7/15まで開催される祭りです。

15日の追い山がクライマックス。だからこの日が注目されるんですね。

この時期にしか味わえない博多。旅行で来られるのなら、ぜひこの時期を狙ってみてください。

・・・語りだすと止まらなくなるのでこの辺で。

スポンサーリンク
フォローお願いします♪
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です